全国万引犯罪防止シンポジウム

  • 主催:全国万引犯罪防止機構設立準備室
  • 共催:東京都
  • 後援:警察庁

東京都の万引は、ここ10年間で2.1倍、15,386件(H16年の認知件数)と急増しています。販売店にとっては、経営を圧迫する深刻な問題になっています。一方、東京都の中学生・高校生の4人に一人は「万引は大したことではない」と考えています。こうした軽い気持ちで万引を繰り返すうちに罪悪感が薄れ、より重大な犯罪をすることが平気になります。万引は犯罪であるばかりでなく、このような危険性まで含んでいるのです。

このシンポジウムは、万引問題の深刻な状況や、社会全体で防止する取り組みなどについて考えるものです。ぜひご参加ください。

★プログラム

1 講演

東京都副知事  竹花  豊

2 パネルディスカッション

官民合同による万引を繰り返させない仕組みや非行防止教育、店舗における万引被害の実態などについて討論します。

  • パネリスト
    • 宮城県万引防止対策協議会会長
      (株)藤崎 総務部長  伊達啓公
    • 広島県子どもの犯罪被害防止対策プロジェクトチーム主任企画員
      広島県警察本部少年対策課課長補佐  小西 明
    • 東京都万引防止対策協議会委員
      日本EAS機器協議会総務委員会委員長  福井 昴
    • 高栄警備保障(株) 保安部統制指令長  宇根喜美代
  • 司会
    • 東京都青少年育成総合対策推進本部
      青少年育成総合対策担当課長  池田 克史

3 「全国万引犯罪防止機構」構想について

万引の犯罪の深刻化に伴い、現在、各地で様々な万引防止の取り組みが行われています。

このような取り組みが実を結びつつありますが、一方で全国レベルでの被害実態がつかみ切れないなど、全国レベルの対策が求められています。

組織横断的に全国レベルの対策を行う「全国万引犯罪防止機構」の構想について、ここではご紹介します。

★日時・会場

  • 日時:平成17年5月12日(木) 14時から17時まで(予定)
  • 会場:東京都庁第1本庁舎 5階大会議場
    • JR新宿駅(西口から徒歩約10分)
    • 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」

★お問い合わせ・参加申し込み

  • 全国万引犯罪防止機構設立準備室
    • 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2-8
    • FAX:03-3355-2344
    • E-Mail:
  • ※当日傍聴を希望される方は下記の1〜3を参加希望人数分記入の上、FAXまたはEメールでお申し込みください。定員(500名)に達し次第締め切ります。ご了承ください。
  • 1 住所
  • 2 氏名(および所属)
  • 3 電話番号・FAX番号

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-15 (金) 21:24:13 (4398d)